はと麦茶

はと麦ってどんな植物?|高千穂産100%はと麦

2018/05/21



イボ用の健康食品や化粧水で、ヨクイニンという成分が最近では有名になっていますが、はと麦が原料になっていることをご存知でしょうか?良く間違えられますが、もち麦ではなく『はと麦』です。

はと麦の気象条件とは?

stux / Pixabay

あまり知られていませんが、はと麦は水稲と同様に、アジアモンスーン地帯の最適な作物の一つです。水田がそのまま利用できるというところが魅力の一つです。栽培地域は、熱帯、亜熱帯、温帯地域と幅広く、1.2m~1.8mほどの大きさになります。はと麦栽培の気象条件は、年平均気温10℃以上または7月の平均気温が20度以上、年間降水量が1000㎜以上で、それ以下であっても生育期に沢山雨が降れば栽培できる可能性があります。

はと麦の植物としての構造は?

はと麦の茎の高さは1.0~1.5mに枝分かれして、葉っぱは2~4cm程度で先の方は小さくなります。触ると若干ザラザラしていいます。はと麦が他の植物と違うところは、花の構造です。総苞とい殻が暗褐色で楕円形の硬い果実状になっており、中には薄い果皮に包まれた種子を内蔵しているのです。他の多くの植物子房は、花粉の受精後に発達したものが真正の果実です。はと麦の場合は果実の外側に葉鞘という部分がついているため真正な果実と区別するには『偽果』というのが正しいとされています。

出典:ハトムギ・ヨモギ健康法

はと麦は収穫時期が重要

はと麦は、穂の開花時期が違います。そのため実が熟する時期も異なるため、風が吹いたり、茎が揺れたりすると実がドンドン落ちてしまいます。落ちないように収穫すればいいと思がちですが、未熟の実が沢山混じってしまいます。そのため時期を見計らって収穫する必要があります。栽培中の害虫はズイムシで、貯蔵するときはコクゾウムシがでることがあるため、栽培したからといっても安心は禁物なのです。

まとめ

ひなた食品が使っている『はと麦』は害虫がいるからといっても農薬使用しておりません。そのため、虫の被害で収量が落ちる場合もありますが、安心と安全なはと麦を皆様へお届けできるよう手間暇かけて育てております。

はと麦茶31包|九州宮崎県高千穂町産


-はと麦茶

宮崎県産の冬虫夏草栽培始めました。

冬の間は虫で、虫に寄生した後に夏になると虫から草のようにキノコが生えてくる。それ ...

no image
レンコンパウダーって花粉症に良いって本当?

花粉症の時期が近づいてきました。そんな時に、レンコンのパウダーが花粉症に良い? ...

冬虫夏草の飲むタイミングと体の調子とは?

冬虫夏草をご希望されるお客様で、飲むタイミングを聞かれることが良くあります。あく ...

驚異のネバネバ成分の『フコイダン』含有!スーパー海藻『あかもく』とは?

スーパーであかもくというのを見かけました。なんかドロッとしたもので、何なのか良く ...

ひなた食品の冬虫夏草に含まれるアミノ酸とは?

冬虫夏草を飲んでいるお客様から良く言われているのが、何だか体が楽になった、軽くな ...