耳鳴りについて

ひまわりの種の耳鳴りへの効果とは?



mploscar / Pixabay

耳鳴りはなった経験はありますか?静かなところにいるとキーンと音が鳴ったりしますが、耳鳴りの方はずっとセミが鳴いているとか、ボォンボォンと音がするなど常に音がなっているのでストレスだと思います。そんな耳鳴りへの効果としてひまわりの種が注目されています。

ひまわりの種の有効成分とは?

ひまわりの種には不飽和脂肪酸が含まれています。不飽和脂肪酸には血中コレステロールを減少させる効果があると言われています。不飽和脂肪酸は常温でもサラサラですが反対に飽和脂肪酸は固まってしまいます。不飽和脂肪酸は血管の中のお掃除屋なのです。さらに、ビタミンB群、ビタミンE、ミネラル(鉄、亜鉛、銅)などの成分がひまわりの種には豊富に含まれています。簡単にそれぞれの役割を載せてみました。

ビタミンB1・・・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする

ビタミンB2・・・栄養素の分配を助けエネルギーに変える

ビタミンB6・・・たんぱく質の文化と合成に欠かせない栄養素

ビタミンE・・・細胞の老化を防ぎ、生活習慣病を予防する

ミネラル ・・・鉄や銅は造血作用、亜鉛は味覚や新陳代謝向上など

耳鳴りになると疲れやすくなるのでビタミンB群が入っているのは有り難いですね。また女性には嬉しい鉄、銅の造血ミネラルも含まれています。

ひまわり種の耳鳴り対策の成分とは?

ひまわりの種の成分の中で、耳鳴りのへの効果として注目されているのは、クロロゲン酸とキナ酸です。特にクロロゲン酸には血流改善、血圧降下、抗酸化、有毒物の無害化の効果が期待されています。内耳の部分に作用して耳鳴りを軽減させたり解消する働きがあるとも言われています。

またキナ酸誘導体は、神経の機能を高める働きがあると言われ、内耳や脳神経に作用して機能を高めることで、耳鳴り予防が期待されています。

ひまわりの種の食べ方

 

ひまわりの種は1粒ずつ歯で種についている殻を砕いて割れ目を入れて、中身を取り出したりしますでしょうか?殻むきが面倒であれば乾燥したひまわりの種を炒めて殻のままでそのまま食べることもできるようです。

最近ではひまわりの種を主成分としたサプリメントも販売されて手軽にひまわりの種の栄養を摂取することができるので試しては見てはいかがでしょうか?

 

 


-耳鳴りについて

ひなた食品の冬虫夏草に含まれるアミノ酸とは?

冬虫夏草を飲んでいるお客様から良く言われているのが、何だか体が楽になった、軽くな ...

霊芝の様々な薬効とは?

中国で古くから霊芝を『久しく食すれば実を軽くし、老いず、天年を延べ、神仙となる』 ...

ブラックジンジャーの効果効能とは?

ブラックジンジャーと聞いた何だか分かりますか?黒い生姜?厳密には違いますが生姜や ...

中国産と日本産のにんにくの違いとは?

ひなた食品の黒にんにくをお買い上げのお客様から聞かれることが、まず国産ですか?と ...

キクラゲは高齢者にオススメのビタミンDが豊富!?

キクラゲはスープや炒め物の具材として使われていますが、実は貴重な栄養成分があるこ ...