健康

アラゲキクラゲとシロキクラゲとの違いは?

2018/06/18



出典:Weblio辞書 アラゲキクラゲ

一般的にラーメンなどで使われているきくらげは、キクラゲやアラゲキクラゲが多く、利用されています。そもそもキクラゲとアラゲキクラゲも違います。え?キクラゲだけじゃないの?そう思いますよね。

キクラゲとは?

Anemone123 / Pixabay

キクラゲが主に食用として扱われているのは、中国や韓国です。キクラゲそのものはヨーロッパなどにも幅広く分布しています。英名はユダヤの耳、種種名は「ユダの耳」と呼ばれています。中国では木耳(キクラゲ)と、世界各国から見ると『耳』に見たてて名前が使われていたと言われています。日本ではキクラゲというのは、海のクラゲのようにコリコリ食感のキノコだと言われています。

キクラゲとアラゲキクラゲの違いとは?

キクラゲもアラゲキクラゲも一般的には区別されていません。キクラゲはアラゲキクラゲと比較すると、少し柔らかいので炒め物に使われています。アラゲキクラゲは肉厚なので、ラーメンの具に使われています。特徴的な違いとしては、傘上面の毛が、アラゲキクラゲは直立した毛ではっきりわかるのに対して、キクラゲはなめらかで毛は良く観察しないとわからないレベルです。

白いキクラゲとシロキクラゲの違いは?

出典:きのこ図鑑 シロキクラゲ

キクラゲには、黒ではなく白いキクラゲがあるのをご存知でしょうか?

ただキクラゲも見た目は白くても厳密には種類が違うようです。

『白いキクラゲ』と呼ばれているのは、あくまでもアラゲキクラゲであり、アラゲキクラゲが突然変異によって白色が出来たものになります。『シロキクラゲ』と呼ばれているのは、シロキクラゲ目、シロキクラゲ科、シロキクラゲ属のシロキクラゲで種類が異なっています。

・白いきくらげ ⇒ キクラゲ目 キクラゲ科 キクラゲ属  アラゲキクラゲ(白色突然変異種)
・シロキクラゲ ⇒ シロキクラゲ目 シロキクラゲ科 シロキクラゲ属 シロキクラゲ

シロキクラゲはアラゲキクラゲよりも淡白で無味無臭です。

またシロキクラゲは、アラゲキクラゲよりもビタミンDが圧倒的に多く約13倍も入っています。

・アラゲキクラゲ 69.6μg

・シロキクラゲ 970μg

参照元:http://foodpocket.jp/shokuzai/kinoko/aragekikurage/

キクラゲは元々ビタミンDが豊富なキノコです。ビタミンDはカルシウムとリンの吸収を促してくれる有り難い成分です。どうしても、ビタミンDを多く摂取した人はシロキクラゲを、長くじっくり食べて骨を丈夫にしたい人は値段が安いアラゲキクラゲおススメです。

 

 

 

 

 


-健康

ひなた食品の冬虫夏草に含まれるアミノ酸とは?

冬虫夏草を飲んでいるお客様から良く言われているのが、何だか体が楽になった、軽くな ...

霊芝の様々な薬効とは?

中国で古くから霊芝を『久しく食すれば実を軽くし、老いず、天年を延べ、神仙となる』 ...

ブラックジンジャーの効果効能とは?

ブラックジンジャーと聞いた何だか分かりますか?黒い生姜?厳密には違いますが生姜や ...

中国産と日本産のにんにくの違いとは?

ひなた食品の黒にんにくをお買い上げのお客様から聞かれることが、まず国産ですか?と ...

キクラゲは高齢者にオススメのビタミンDが豊富!?

キクラゲはスープや炒め物の具材として使われていますが、実は貴重な栄養成分があるこ ...