さつまいもの葉|濃縮カプセルタイプ

今すぐ購入はこちらから>>

もちろんどなたでもお摂り頂けますが、特に人気が高いのが、糖尿病が気になる方健康を真剣に考えている方です!さつまいもの葉は健康に向いていると知ってはいるけど、そのまま食べても量が多い、皮も良いと聞くけど、摂り方がわからない・・・そんな方々に口コミで広がったのがこの『さつまいもの葉の濃縮カプセル』です。

さつまいもに含まれるポリフェノールは少ししかありません(皮の部分わずか5mm程度)。しかし、さつまいもの葉には、さつまいものポリフェノール(クロロゲン酸)に加えて、より強力な抗酸化能力をもつポリフェノール(ジカフェオイルキナ酸及びトリカフェオイルキナ酸)が含まれているためです。


さつまいもの葉には、他の野菜に比べてポリフェノールが豊富に含まれています。

詳しくはこちら>>

また、さつまいもの葉のポリフェノールは弊社の自社ボランティアで、血糖値、ヘモグロビンA1cを下げ過ぎず、緩やかに抑えることを確認しております。(血糖値は急激に上がったり、下がったりする血糖値スパイクを起こすと血管にダメージを与えてしまいます)

さらに、血糖値の急上昇するとともにインスリンも急激に分泌することになり、血糖値と同様にインスリンスパイク(インスリンの大量分泌)を起こすことで、すい臓に負担をかけてしまいます。ヘモグロビンA1cは急激に下げることは難しいですが、徐々に下げていくことで、体への負担が少ないと考えております。

さつまいもの葉のポリフェノールが、他のポリフェノールと違うのは、血糖値を抑えることと、LDLコレステロールを抑えること。糖尿病に良いダブルの機能性があります。血糖値の機能性関しては論文で発表され、LDLコレステロールに関しては自社で調査済です。

糖尿病では血糖値だけを下げるのではなく、LDLコレステロール増加を防ぐことで、心筋梗塞などの血管の詰まりを予防することが期待されています。なので、さつまいもの葉は糖尿病に適した素材ともいえます。

さらに、機能性を持つカフェ酸誘導体のポリフェノールが多く含まれているさつまいもの葉ですが、他の野菜と比較しても腐敗や変色しやすく加工が難しい植物といわれていますが、当社では細菌数を抑えた原料加工に成功しました。

また、当社独自の製造方法である、さつまいも葉を抽出原料し、「効率的なポリフェノール抽出液の精製方法」「ポリフェノール抽出濃縮液の製造」については現在特許申請中です。

今すぐ購入はこちらから>>

 

当社ではさつまいもの葉の栽培生産から、収穫、選別、洗浄、加工まで一貫しています。

さつまもの葉の品種は、安定的にポリフェノールが採れる「黄金千貫/コガネセンガン」を使用しています。

さつまいも葉の製造にとって、ポリフェノール含量が安定している品種が重要になります。黄金千貫は、多品種と比較しても葉の比率が高く、ポリフェノール含量が季節の環境変化(温度、湿度など)でも安定している品種です。

さつまいもの葉の栽培は、農薬不使用で、全て手作業によって管理しています。

①甘藷茎葉を収穫する専用の畑である為、芋が付きません。種芋栽培用以外の全てが茎葉収穫用に栽培されております。

農薬は一切使用していません。

③収穫時期は5月初めから11月まで、新芽をバリカンで収穫します

 

さつまいもの葉の加工、洗浄、抽出、濃縮、そして精製、研究開発室があり、原料開発も自社でおこなっています。

【動画】さつまいもの葉からポリフェノールを熱水で抽出しています。

その他各工程の動画はこちら 

濃縮カプセルへの加工

水分と反応しやすいため空気中の水分(湿度)との接触を避けるためにソフトカプセル加工しています。

今すぐ購入はこちらから>>

 

さつまいもの葉のポリフェノールをソフトカプセルにする3つの理由。

その① さつまいもの葉の有効成分を長く手軽に摂取

さつまいもの葉に含まれるポリフェノールは血糖値対策として注目されています。血糖値対策としては、自社ボランティア結果から1日に5粒をおすすめしております。ソフトカプセルの5粒分は、さつまいもの生葉で換算すると約50g(サラダボール1杯分に相当)になります。血糖値のために、さつまいもの葉を毎日食べ続けるには大変な量であるため、手軽に摂取できるソフトカプセル(サイズ:縦12㎜×横7㎜)を採用しております。

さつまいもの生葉約50g

その② 強い抗酸化能力を維持するため

さつまいもの葉に含まれるポリフェノール(クロロゲン酸、ジカフェオイルキナ酸、トリカフェオイルキナ酸)は、紫外線やタバコの影響で、体の中で過剰に発生する『活性酸素』から体の酸化を守ってくれる働きがあると言われています。そのため、酸素と接触するとすぐに反応してしまうために、酸素と接触しないようにソフトカプセルに閉じ込めることで、ポリフェノールの品質を維持しています。

その③ さつまいもの葉の有効成分は水に溶けやすいため

さつまいもの葉に含まれるポリフェノールの成分は、熱水抽出をしています。水に溶けやすい成分が多く含まれているため、体内の消化器官の水分に溶けやすいです。水分と反応しやすいため空気中の水分(湿度)との接触を避けるためにソフトカプセル加工しています。

さつまいもの葉に関して、ご遠慮なくお問合せください。

〇メールでのお問い合わせはこちらから

〇お電話でのお問い合わせはこちらから

tel 0120-593-383
(平日9:00~18:00・土曜9:00~12:00)

ひなた食品|通販担当責任者の久保

 

40代男性

会社の健康診断で血糖値が高く要治療の状態でした 病院へなかなか行けない中 今回「さつまいもの葉」のお試し価格があり取り敢えず試しに飲んでみることにしました。 病院へ行く前に無料の測定を行いました その結果 血糖値が221mg/dl HbA1Cが10.7とびっくりした数値でした 試しに2週間ソフトカプセルを飲んでみました 2週間後、再測定してみた所 血糖値が146mg/dl HbA1Cが8.1迄下がっていました 驚きの結果でした! これは凄いと喜んでいたところ 病院へ行くようにと会社から再度要請が有り 残念ながら、今回は病院へ行くことなり 治療が始まりました カプセル摂取後の結果をみてもっと早くカプセルを飲んでいればと後悔しています。

60代女性

人工透析はまだしてないですが、ソフトカプセルを飲んでいます。 なんとなく体が軽くなった感じがします。 短期間では分からないと感じですので、3ヶ月摂取して確認したいです。 今月、腎臓の検査があり楽しみです。

ご注意 ※効能はその効果を万人に保証するものではなく、あくまでも目安となります。

ご購入はこちらから

さつまいもの葉濃縮カプセルタイプ

1日摂取量目安 5粒程度(3~5粒)
内容量:45g(300mg×150粒)約1ヵ月分

全国送料無料(ネコポス発送)
価格 16,200円

 

電話 FAX

お電話でのお問合せ・ご注文はこちらから↓

お問合せメール


メールでのお問い合わせはこちらから

一覧


2018/06/06

驚異のネバネバ成分の『フコイダン』含有!スーパー海藻『あかもく』とは?

スーパーであかもくというのを見かけました。なんかドロッとしたもので、何なのか良く ...

ひなた食品の冬虫夏草に含まれるアミノ酸とは?

冬虫夏草を飲んでいるお客様から良く言われているのが、何だか体が楽になった、軽くな ...

霊芝の様々な薬効とは?

中国で古くから霊芝を『久しく食すれば実を軽くし、老いず、天年を延べ、神仙となる』 ...

ブラックジンジャーの効果効能とは?

ブラックジンジャーと聞いた何だか分かりますか?黒い生姜?厳密には違いますが生姜や ...

中国産と日本産のにんにくの違いとは?

ひなた食品の黒にんにくをお買い上げのお客様から聞かれることが、まず国産ですか?と ...