さつまいもの葉

さつまいもの葉のポリフェノールが高価である理由とは?製造編

さつまいもの葉には様々な機能性があります。ただ、さつまいもの葉のポリフェノールが良いものであっても作り上げるのに、菌の問題と安定したポリフェノールにする技術の壁がありました。

さつまいもの葉ポリフェノールが高い理由 その1

さつまいもの葉は収穫後にすぐに加工しないと2、3日で腐敗してしまいます。もちろんポリフェノールも同時に失われてしまいます。さつまいもの葉は生育速度はものすごく速いですが、収穫後に腐食してしまう速度も速いのです。そんな繊細なポリフェノールは収穫後、直ちに選別、洗浄を行い、虫、土を洗い流す必要がありました。暑くても寒くても、多少雨が降っていても収穫後は必ず洗浄をしてしまわないと、「さつまいもの葉」はだめになってしまうのです。

さつまいもの葉ポリフェノールが高い理由 その2

Free-Photos / Pixabay

さつまいもの葉は、芋と違って葉っぱとして扱われます。さつま芋として使われている農薬は、「さつまいもの葉っぱ」には使えないということなのです。そのため弊社では、さつまいもの葉のために自社で畑を確保して栽培しております。もちろん、栽培は無農薬です。ただ、さらにわかったことは農薬散布するとポリフェノールが減少傾向にあることを確認しております。殺虫剤は虫に悪いものですので、ポリフェノールにも悪さをするようです。

さつまいもの葉ポリフェノールが高い理由 その3

さつまいもの葉は原料として作り上げるときに、必要な項目があります。一般性菌数、大腸菌群数などが一般的です。無農薬栽培をしていますが、最終原料として出荷するときには、残留農薬試験を実施ております。さらに、重金属分析、放射能試験など皆様に安心安全なものをお届けできる形をとっています。

まとめ

さつまいもの葉は本当に良いものですので、さつまいもの葉が少しでも皆様の食卓へお届けできればと思います。もちろん、ご自宅で栽培して料理の食材として使っていただけばと思います。

 

 

トップページへ

 

 

-さつまいもの葉